リフォーム ワンポイント アドバイス

< 給湯器の能力 >

 

給湯器や風呂釜の取り替えで、給湯とお風呂沸かしができるガス式のふろ給湯器が比較的多くご依頼があります。

 

 

お伺いした時に、「お風呂とキッチンが重なるとお湯の出が悪くなったりするのよ」という話を聞き給湯器を確認すると16号でした。これでは確かに能力が小さいなと思うことも時々あります。

 

 

では、給湯器の能力はどのように表されているのでしょうか?

 

 

それは16号、20号、24号・・・・といった号数で示しています。

 

 

また、24号とは水温+25℃のお湯を1分間に24L出湯する能力の意味でもあります。水温は季節で変化するので同じ給湯器でも能力は冬場に落ちて夏場に上がります。

 

 

給湯器の号数を決める目安として、各出湯先の必要号数をシャワーは約17.8号、キッチンの水栓は4.8号、洗面所の水栓を4.8号として計算します。

 

 

3か所同時に勢いよく出すと17.8+4.8+4.8=27.4となり28号の能力が必要ということになりますが、実際は3か所同時に使われることも少なくお湯の温度が下がって困る<シャワー+キッチン>=17.8+4.8=22.6から24号を使用する場合が殆どです。

 

 

24号は4人家族で使用する場合の目安ですが、家族構成や使い方によっては20号でも十分な場合もありますし、反対に28号が必要な場合もあるので、取り替えるときには実際に使っていた給湯器の号数から判断し各ご家庭に必要な号数を決めてください。

 

 

給湯器や風呂釜取り換えをお考えの方は下記の当社施工例をご参考ください。

 

 

・当社ホームページ 施工例

 バランス風呂釜取り替え 

http://www.egao-sintex.com/e29.html 

・ブログ

http://egaosintex.exblog.jp /

 2010/12/27~/29の掲載

 2011/07/25~/27の掲載

  2012/02/10~/15の掲載

 2012/04/04~/12の掲載

 

  

 

               <ー      NEXT      ー>